和式から洋式へのトイレリフォーム

和式から洋式に取り替えたいとのことで床を取り替える必要がありましたので、水やよごれに強いタイプのクッションフロアを提案いたしました。また以前は壁付きの手洗いがついていましたが、スペースを広くするために、壁付きの手洗いは撤去し、手洗い付のトイレを提案いたしました。

ウォシュレットと洋便器の取り替え

以前は一体型タイプのトイレが設置させていましたが、ウォシュレット部分が故障し、便器部分も取り替えなければなりませんでした。2階ということもあり、ご予算も考慮し、オート開閉や自動洗浄機能がついていないトイレをご提案させていただきました。

エコキュートと洋便器の取り替えリフォーム

電気代の節約も考え、電気温水器からエコキュートの提案をいたしました。また2人しかいないので360Lの小さいものにし、脱衣場のスペースも広くなるようにしました。トイレは温風乾燥付のもので以前に設置されていたトイレと同じ色でアプリコットにして掃除の手間を減らせるよう提案させていただきました。

小便器から洋式へのトイレリフォーム

お客様のライフスタイルの変化にあわせて洋式トイレをもう一箇所増やしてほしいとのご要望がありました。現状あまり使っていない小便器があったので、新規にトイレを増築するよりも、小便器を洋式トイレにリフォームするご提案をさせていただきました。

一体形洋便器の取り替えリフォーム

以前も一体形のトイレが取り付けられており、トイレ内の寸法があまり広くないということから便器の種類によってトイレ内の使いやすやが変わってしまう恐れもあったため、一体形で掃除のしやすいトイレを提案させていただきました。

ウォシュレットと洋便器の取り替え

お客様から相談されたときはタンクとウォシュレットが一体型のトイレが取り付けられていましたが、取り替え工事の予算や今後の修理費用などのことも考えながら相談した結果、今回はタンクとウォシュレットが別になっているものを提案させていただきました。

和式から洋式へのトイレリフォーム

和式から洋式にトイレをリフォームしたいというお客様のご要望がありましたが、そのまま洋式便器に取り替えるとトイレ内のスペースがかなり狭くなってしまい、洋式に変えても使いづらくなる恐れがありました。その点を踏まえて、スペースも考えながらお客様が使いやすいように洋式トイレのサイズを小さいものをご提案させていただきました。リフォーム後、お客様も大変喜んでおられました!

ウォシュレットと洋便器の取り替え

最初はウォシュレットが壊れたので、お話させていただいていましたが、タンクも年数がたっていたのと今後のことをお客様と話し合いながら、ご希望に沿ったものを提案させていただきました。